無料プランや無料トライアルで使えるマニュアルツール6選|2022年 BESTクラウドサービス

マニュアルを作成したいと思った時に、マニュアル作成ツールを利用すればスムーズに作業が進められますが、実際に利用したことのないツールでは期待している効果が得られるか分かりません。多くのマニュアル作成ツールは無料のプランやフリーのトライアル期間が用意されているので、活用するとよいでしょう。

この記事では無料プランや無料トライアルが用意されているおすすめのマニュアル作成ツールをご紹介します。マニュアル作成を効率よく行いたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

マニュアル作成ツールとは

マニュアル作成ツールとは、マニュアル作成に特化した機能が搭載されたツールのことで、ツールを利用すればマニュアル作成にかかる時間や手間を大幅に削減することが期待できます。

現在では多くの企業に導入されており、効率よくマニュアル作成が出来るようになっているのです。

マニュアル作成ツールを導入するメリットと効果

実際に、マニュアル作成ツールを導入するとどのような効果やメリットが期待出来るのでしょうか?マニュアル作成ツールのメリットと効果を説明しましょう。

品質の高いテンプレートが利用出来る

ほとんどのマニュアル作成ツールでは非常に品質の高いテンプレートが豊富に用意されています。マニュアルテンプレートの一部はインターネットで無料配布されているものもありますが、ツールを導入することでより品質が高い、豊富な種類のテンプレートを利用出来るのです。

テンプレートを活用すれば、必要な情報を指定の箇所に入力していくだけでサクサクと短時間でマニュアル作成が完了するため、結果的に作業時間が短縮され、コスト削減にもつながります。

いくつもの種類のマニュアルに統一感を持たせられる

一般的にマニュアルは業務ごと・作業ごとに用意されるため、企業に属していると複数のマニュアルを定期的に読む機会があると思います。

全てのマニュアルの書式に統一感があれば、どこに何が記載されているのかが分かりやすくなりますし、新規作成時・更新時にも効率良く作業を進められるでしょう。

特に新しい社員が入った時や引き継ぎ時には一度に複数のマニュアルを読む必要がありますので、マニュアルの書式に統一感があるとマニュアルの理解が深まりやすいです。

作成したマニュアルが共有出来る

マニュアル作成ツールを使用すれば、完成したマニュアルをプリントアウトしたり、データとして配布する必要がなくなります。同じマニュアル作成ツールを利用することで複数の社員や遠方の拠点でもすぐマニュアルを確認でき、更新時にもリアルタイムで最新のマニュアルを提供可能になるでしょう。

「拠点が多くなかなかマニュアルが行き渡らない」「マニュアルの更新が漏れ、古いマニュアルを使ってしまっていた」などのトラブルを防げます。

作成したマニュアルの管理が出来る

マニュアル作成ツールを利用しない場合は、マニュアル作成者以外はマニュアルデータがどこにあるのか分かりにくくなります。そのためマニュアル確認時や更新時に困ってしまうこともあるでしょう。

マニュアルの数が増えるほど管理は難しくなり、マニュアルの更新漏れや紛失が発生してしまうおそれもあります。

マニュアル作成ツールを利用すればマニュアルの種類ごとに管理が容易になり、更新履歴も把握しやすくなるのです。

マニュアルの活用度合いを確認出来る

マニュアル作成ツールの中には、マニュアルを誰がいつ閲覧したかの確認が出来る機能を用意しているものがあります。

「誰がどのマニュアルを閲覧しているか・いないか」が分かれば、マニュアルの浸透度も簡単に把握可能でしょう。多くの社員に複数のマニュアルを確認してもらいたい時に非常に便利な機能だといえるでしょう。

「新入社員用のマニュアルセット」「引き継ぎ用マニュアルセット」などマニュアルを組み合わせて専用のトレーニングマニュアルセットを作れば、教育を行う時にも事前に毎回マニュアルを準備する必要がなくなります。

マニュアル作成ツールの主な機能

一般的なマニュアル作成ツールに用意されている機能は下記のようなものになります。

  • マニュアルのテンプレート・レイアウト作成
  • マニュアルの作成・共有・管理
  • マニュアルの閲覧履歴の確認
  • 既存のマニュアルの取り込み
  • 作成したマニュアルのファイル形式の変更

独自の機能を用意しているツールも多いため、自社のマニュアル作成に欠かせない機能は何かをよく考えておきましょう。

マニュアル作成ツール選びのポイント

マニュアル作成ツールは非常に多くの数が存在しており、ツールの選定を間違えてしまうと期待しているような効果を得られないおそれがあります。

マニュアル作成ツールを選ぶ時のポイントを理解しておきましょう。

1 希望するマニュアルを作成出来るか

マニュアルにはテキストのみのもの・画像の多いもの・動画を主体にしたものなどさまざまな種類があります。

作成したいと考えているマニュアルを作成出来る機能がツールに用意されているか?またはその機能が使いやすいものかどうかもを確認するようにしましょう。

たとえば、画像を多用するのなら画像キャプチャ機能のあるツールを選んだ方がよいですし、動画マニュアルを作成したい場合には動画編集機能のあるツールを選んだ方がスムーズにマニュアルが作れます。

また、自社でマニュアルを扱いたいと考えているファイル形式にマニュアル作成ツールが対応しているかも重要なポイントになります。

2 サポート体制が整っているか

マニュアル作成時にトラブルが発生した時に頼れるサポート体制が用意されているかを確認します

中には分かりやすいマニュアル作成のアドバイスを実施しているサービスもあるため、マニュアル作成がうまくいかないと感じているのなら、そのようなサービスを利用するのもよいでしょう。

3 無料の試用期間があるか

十分な調査を実施しても、やはり実際にツールを使ってみないとわからないことがあります。そのため、マニュアル作成ツールを選ぶ時には、無料の試用期間が用意されているものを選びましょう。

試用期間の長さはサービスやプランによって変わりますが、その期間を利用してじっくり使い心地を確認するようにします。

マニュアル作成ツールの比較

ここからは、おすすめのマニュアル作成ツール一覧にして比較してみましょう。それぞれのツールの特徴や費用を確認し、自社に最適なツールを見つけてください。

1 toster team トースターチーム


toster teamは文書マニュアルの作成だけでなく、スマートフォン専用アプリによる動画マニュアルの作成や日報・議事録・企画書を作成できるノート機能や用語集の管理、ニュースのクリッピング機能、マニュアルをボタンひとつでToDo管理できるタスク管理など、チームのあらゆる情報共有をひとつで実現できるオールインワンツールです。また、画像編集ソフトを利用しなくても、アップロードした画像をワンクリックするだけで、テキストや図形の入力・編集が可能なうえ、何度でも再編集できます。マニュアル専用ツールだけにとどまらず、チームのさまざまな情報をストックして検索・活用したいというニーズにお応えできます。サービス提供からわずか1年で累計導入社数2000近い実績も納得のクラウドサービスです。

【toster teamのプラン例】

・ライトプラン/月額35,000円
・スタンダードプラン/月額60,000円
・ビジネスプラン/月額120,000円
・エンタープライズ/要見積

※無料トライアル期間 14日間

https://toaster.how/

2 iTutor

マイクロソフトのパワーポイントに似た使い心地で利用できるiTutor は、作成したデータもPDFなどさまざまな形式での出力が選べます。
パソコンの画面操作を録画することも可能なので、動画の知識を持っていなくても短時間で動画マニュアルを作成出来るでしょう。

【iTutorのプラン例】

・エントリービデオエディション/250,000円〜
・エントリーオフィスエディション/250,000円〜
・スタンダートエディション/450,000円〜
・プロフィッショナルエディション/600,000円〜
・Mac専用エディション/150,000円〜

※試用期間21日間

https://itutor.jp/

3 COCOMITE

COCOMITEはオンライン上でマニュアルの作成・管理を行うため、パソコンだけでなくタブレットやスマホなどマルチデバイスでマニュアルの作成・閲覧・管理が可能です。
用意されたテンプレートにブログを作成するような感覚で文章・画像・動画を入力出来るので、素早くマニュアル作成が完了します。

【COCOMITEのプラン例】

・エントリープラン/月額22,000円
・スタンダードプラン/月額60,000円
・エンタープライズプラン/月額220,000円

https://cocomite.konicaminolta.jp/

4 Teach me Biz

企業規模や利用シーンの制限なしに利用でき、文書マニュアルだけでなく動画マニュアルも短時間で作成出来るTeach me Bizでは膨大な量のマニュアルでも、優れた検索機能でしっかりと管理可能です。
人材ごとに必要なマニュアルを組み合わせたトレーニング機能が用意されているという特徴もあります。

【Teach me Bizのプラン例】

・スタータープラン/月額50,000円
・ベーシックプラン/月額100,000円
・エンタープライズプラン/月額300,000円

※試用期間30日間

https://biz.teachme.jp/

5 J stream

J streamは動画マニュアルの作成に特化したマニュアル作成ツールです。
飲食店での調理の手順マニュアルや作業の手順マニュアルが作成しやすいと人気を集めており、スマホで撮影した画像をすぐに編集することも可能です。

【J streamのプラン例】

月額100,000円〜/※要見積

※試用期間30日間

https://www.stream.co.jp/

Note PM

Note PMはウィキペディアのように自由に社員が情報の書き込みや蓄積が可能で、編集・閲覧・検索出来るツールです。変更履歴を自動で記録する機能がついていますので、更新履歴を別途作成する必要はないでしょう。
また、作成したマニュアルを誰が見たか把握しやすいようになっています。

【Note PMのプラン例】

・スタータープラン/月額1,000円
・ベーシックプラン/月額3,600円
・スタンダードプラン/月額5,700円
・プラスプラン/月額9,500円
・プロプラン/月額17,500円

https://notepm.jp/

まとめ

マニュアル作成はマニュアル作成ツールを利用することで効率良く作業を進められるようになりますが、ツールの使い心地は実際に利用してみなくては分かりません。

この記事で紹介したツールは無料で十分なトライアル期間を用意されていますので、気になるものがあればぜひ導入前に試用期間を活用しましょう。

当社はセキュリティ管理体制の強化と継続的な改善を行い、
お客様に安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

情報セキュリティマネジメントシステム ISMS
認証規格 ISO/IEC27001:2013 / JIS Q 27001:2014
認証番号:GIJP-0320-IC