視聴者の満足度が高いチュートリアル動画の作り方|参考事例やメリットなど徹底解説

チュートリアル動画を活用すると、視聴者に情報を伝えやすくなります。文章や写真を使ったマニュアルよりも、多くの情報が与えられるでしょう。そのため、現在多くの企業でチュートリアル動画の導入が進んでいるのです。

この記事では、チュートリアル動画の意味やメリット、作成方法を紹介します。これからチュートリアル動画を作りたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

チュートリアル動画とは

チュートリアル動画とはマニュアルや説明書を動画にしたものです。ただ動画で説明すれば良いのではなく、視聴者の理解が深まりやすいものでなくてはいけません。

また、チュートリアル動画は大きく2種類に分かれます。

1つ目は、取扱説明書を動画にしたもので、商品やサービスを購入したユーザーに向けて配信する動画です。取扱説明書や商品販売サイトを使ってチュートリアル動画に誘導します。

2つ目は、社内マニュアルや業務プロセスを説明するための動画で、対象は自社の社員です。どちらのチュートリアル動画も、分かりやすさが求められるという部分は一緒ですが、視聴者によってその内容を変更する必要があるでしょう。

チュートリアル動画を作成するメリット

チュートリアル動画を活用すると、下記のようなメリットが得られます。

メリットを理解して導入を検討しましょう。

メリット1 視聴者の理解を深めやすい

チュートリアル動画は、文章や写真を使用したマニュアルよりも視覚的な説明が出来るため、視聴者の理解を深めやすいというメリットがあります。テロップなどナレーションを工夫すると、より分かりやすい動画になるでしょう。

特に作業工程の細かな動きなどを伝えるには、テキストよりも動画の方が優れています。

メリット2 視聴する環境を選ばない

作成したチュートリアル動画をインターネットで配信すれば、どこでも閲覧可能になります。

スマホで動画を見ながら実際の作業をすることも出来るでしょう。出張時やテレワーク時、また実際に商品を使う時など、視聴者の好きなタイミングでチュートリアル動画を視聴出来るのです。また、配信・更新が一斉に出来るので、マニュアル変更時の更新漏れや配布漏れも起こりません。

メリット3 コスト削減になる

マニュアルを紙で配布する場合には、印刷コスト・保管コストがかかりますし、研修や講習を開くには人件費も必要になります。

チュートリアル動画は一度作成してしまえば、複数人が複数回視聴出来るため、コスト削減につながるのです。

チュートリアル動画の制作方法

チュートリアル動画のメリットをお伝えいたしましたので、ここからはその制作方法を説明しましょう。それぞれの工程を十分に理解しながら作業を進めてください。

STEP1 構成案を考える

まずはどのような順番で何をどう伝えたいのかを考えます。闇雲に動画作成を始めても希望するものに仕上がらない恐れがあるため、構成はしっかり検討しましょう。

また、視聴者に内容が伝わりやすいように、複数のテーマを一つの動画に詰め込まないようにしてください。可能な限り動画は、テーマごとに分けると良いです。

STEP2 台本・絵コンテを作る

動画を作成するために必要な資料を集め、台本や絵コンテを作成します。なぜなら、台本がないまま撮影を始めてしまうと、後々必要な素材が判明するなど非効率な事態に陥る恐れがあるためです。台本か絵コンテはどちらかのみでも構いませんので、まとめやすい方法を選んでください。

再生時間・挿入するテロップや図表・ナレーションの台詞なども考え、記載しておきましょう。一緒に動画を作成する担当者がいるのなら、その内容を共有しておきます。

STEP3 動画の撮影

先ほど作成した台本や絵コンテをもとに動画を撮影します。動画を撮影する時には、一つの動画だけを撮影するのではなく、アングルを変えて複数の動画を撮影しておくと良いでしょう。

動画編集時に、別のアングルからの映像の方が伝わりやすいと感じることがあるためです。また、光の加減や雑音が入らないかなど周囲の環境にも気を配ってください。

STEP4 編集・ナレーションやテロップを入れる

動画が撮影し終わったら動画をパソコンに取り込んで専用ソフトで編集し、ナレーション・テロップを入れていきます。ナレーションは聞き取りやすく適切なスピードで話すようにし、テロップは簡潔で分かりやすい文章を使いましょう。

編集は1人で行うと客観的な意見が反映されにくいので、他の方の意見も聞きながら進めると良いです。必要であれば効果音なども活用し、分かりやすい動画になるようにしてください。

チュートリアル動画を制作する際の注意点

チュートリアル動画を作成する時には、知っておくべき注意点があります。

下記の点に注意して動画作成を進めましょう。

1 素材のライセンスに注意する

自分が撮影した素材や動画であれば問題ないのですが、無料で配布されている素材やライセンス購入した画像・音楽などを動画に使用する場合には利用条件を確認しなくてはいけません。確認を怠ると、悪意がなくても著作権侵害になってしまうので注意しましょう。

具体的には下記の点を確認してください。

・ライセンスフリーか
・クレジット表記が必要か
・商用利用可能か
・素材の改変が許可されているか

それでも、不安を感じる場合には、配布・購入サイトに問い合わせるといいでしょう。

2 視聴者を飽きさせてしまわないか

チュートリアル動画は短時間で多くの情報を伝えられるものですが、冗長な表現のある動画は視聴者を飽きさせてしまいます。

シーンごとの長さは適切か?テロップの表示時間は長すぎないか?などを考え、動画の作成に携わっていない人から客観的な意見をもらう必要もあるでしょう。

3 視聴者視点に立てているか

知識が不足している相手が作成したチュートリアル動画を視聴して、理解しやすいものかを考えます。

専門用語の使用は避け、ナレーションや映像で説明しきれない部分についてはテロップや図表の差し込みで対応しましょう。

参考になるチュートリアル動画を紹介

ここからは優れたチュートリアル動画を紹介しましょう。自社で参考に出来る部分があれば、ぜひ取り入れてください。

Uber Eats

食品の宅配サービスであるUber Eatsが、レストラン側に向けて作成したチュートリアル動画です。受注〜配達までの流れが、実際に操作している画面を映しながら分かりやすく説明されています。

今まで宅配サービスを取り入れておらず、新しいサービスの導入に消極的な飲食店でも、このチュートリアル動画を見れば「手軽に配達サービスが始められる」と感じるでしょう。

ビットコイン

Crevo株式会社が制作した株式会社bitFlyerのサービスの理解を深めるための動画で、仮想通貨ビットコインについて、初心者向けに分かりやすく説明したチュートリアル動画です。ビットコインの知識が全くない方にでも、この動画を見れば「ビットコインとは何か?」基本的な知識が手に入るでしょう。

単純にビットコインの説明をしただけでなく、ビットコインを使うことで得られる未来も教えてくれるという特徴があります。

まとめ

チュートリアル動画のメリットや作成方法を事例を含めてお伝えいたしました。チュートリアル動画を取り入れれば、社員やユーザーに分かりやすく情報・知識を与えられます。実際にチュートリアル動画を作る時は、客観的な意見を取り入れながら「誰が見ても分かりやすいチュートリアル動画」を作成出来るようにしましょう。

 

toaster team 無料トライアル

当社はセキュリティ管理体制の強化と継続的な改善を行い、
お客様に安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

情報セキュリティマネジメントシステム ISMS
認証規格 ISO/IEC27001:2013 / JIS Q 27001:2014
認証番号:GIJP-0320-IC