iMovieの字幕の入れ方|便利な使い方とテクニックを紹介

iMovieはMac専用の動画編集ソフトで、無料で使用可能な優れたツールです。動画の編集はもちろん、タイトルの挿入・字幕(テロップ)の挿入・フォントの変更・カラーの変更などの装飾も出来るため、Macユーザーであれば一度試してみるべきでしょう。

この記事では、iMovieを使用した字幕の挿入や加工の方法をお伝えします。iMovieを使用して字幕を動画に挿入したいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

iMovieの字幕の入れ方

早速iMovieを使用して動画に字幕を入れてみましょう。今回はこの動画に字幕を入力してみます。

最初に動画を読み込んでおいてください。

1 字幕(テロップ)の挿入

まずは動画を開き、メニューにある「タイトル」を選択します。いくつものテンプレートが用意されているのが確認できるでしょう。

テンプレートごとに、字幕の表示のされ方・消え方が変わります。プレビューを見ながら動画に最適なものを探してください。

今回はシンプルな動きをするテンプレート「下」を利用して説明を進めます。

使用するテンプレートを、タイムラインの字幕を付けたい位置にドラッグ&ドロップしましょう。

映像のタイムラインの上に字幕やタイトルを表示するための「タイトルクリップ」が作成されました。

字幕の表示位置の変更や調整は字幕を挿入した後でも出来るので、字幕を作成する段階では大まかな位置に設定しておいても問題ありません。最終的に細かな調整をすればよいでしょう。

2 字幕(テロップ)のテキスト入力と調整

動画上の字幕部分をクリックすると、テキストが自由に入力出来るようになります。

入力した文字は、下の画像の赤枠部分を調整すれば、文字の大きさ・フォント・カラー・位置・太さや枠線などが自由に設定出来ます。

デフォルトで設定されていたフォントを変更し枠を外せば、このようにシンプルに仕上がりました。

さらに、カラーやフォントの変更をしてみましょう。

初めの字幕に比べてイメージが大きく変わりました。このように字幕は自分の好みのデザインに修正出来るのです。

今回の映像は背景に黒や暗い色が多いため、ホワイトや明るい色の字幕が合いますが、背景の色に合わせて字幕のカラーを考えるようにしましょう。映像と字幕が一体化して、文字が読みにくいような状態にならないようにしてください。

3 字幕(テロップ)の確認

動画を再生してみて、入力した字幕が希望の場面で表示されているか確認します。

字幕の再生するタイミングや長さを修正したいという時には、タイムラインのタイトルクリップの位置・長さを調整してください。

自分の希望通りに調整出来れば、字幕の挿入の完了です。

iMovieの字幕で覚えておきたい機能

iMovieの字幕は非常に簡単な操作で入力や調整が出来ることが分かったと思いますが、その他にはどのような機能が搭載されているのでしょうか?

場面ごとに字幕の内容を変更する

場面ごとに字幕の内容を変えたり長文を入力したい時には、挿入した字幕をコピーして活用すると文字サイズ・位置などを統一出来ます。

字幕が切り替わるごとにサイズや位置が違うのでは違和感がありますので、複数回字幕を表示させる場合には、必ずコピーを活用するようにしましょう。

タイムライン上のタイトルクリップの上で右クリックをし、メニューから「コピー」を選んでください。

タイムライン上の挿入したい場所に合わせて「command+V」でペーストしましょう。

簡単に字幕を複製することが出来ました。

あとは、コピーされた字幕のテキスト内容を変更すれば完了です。この作業を繰り返せば、場面ごとの字幕変更や長文の字幕も動画に挿入可能でしょう。

iMovieの字幕を削除する方法

ここからは、入力した字幕を削除する方法を見ていきましょう。字幕の削除は非常に簡単なステップで行えます。

まずは、タイムラインにある挿入したタイトルクリップの上で右クリックをし、メニューから「削除」を選んでください。

タイトルクリップを選択したまま「delete」キーを押しても削除が可能です。

字幕を目立たせるオススメのデザイン3選

シンプルな字幕を使ってiMovieの字幕の入れ方を説明しましたので、ここからはインパクトのある動きをする字幕を紹介したいと思います。

字幕に一工夫したいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

①ポップアップ

文字が1文字ずつ飛び出してくるようなイメージの動きをするポップアップでは、字幕が生き物のように動くため、動画を明るい雰囲気に演出出来ます。

②雲

雲の上に字幕が入れられ、雲と一緒に文字ももくもくと動きます。子供向けの動画などにオススメのデザインです。

③下三分の一(線)

線がスッと画面に現れてから、ゆっくり二段に分かれた文字が見え始めます。映画のワンシーンのようなシンプルでいて印象に残るデザインです。

まとめ

iMovieを使って字幕を入れる方法や印象に残るデザインを紹介いたしました。とても簡単に字幕が入力出来ると感じたのではないでしょうか?

字幕を変えれば動画の雰囲気も大きく違いますので、自分の求めるイメージが形になる字幕を挿入しましょう。